大和但馬屋日記

はてなダイアリーからの移行中

「ARIA the ANIMATION」第四話

漫画原作にはない、全く新規のエピソードだつた。たぶん「ARIA」の登場人物を使つて「浪漫倶楽部」の一篇のやうな話を作つてみたといふのが制作意図なんぢやないかな、と思つた。
「ARIA」でまだ大きく扱はれたことのない「死」を匂はせた話で、正直どうなることかと思つたが、物語としてはここまでで一番よく出来た回だつたと思ふ。その代り「ARIA」たるべき風景描写はますます脇に追ひやられてしまつた。テレビアニメとしてはこの方が合つてゐるのかもしれない。
一番よく出来た話だと思つたのはやはり複数エピソードの継接ぎではなかつたためだらう。少し無理矢理だつたところはあるが、クライマックスでは分つてゐてもやはりグッときた。
今回のやうな物語で引張る話と情景で見せる話とを半々くらゐのバランスでやつてくれたらいいかな。と思つたら次回は水着回。早すぎないか? つかこの話はやらなくて良い気がする*1のだが‥‥結局テレ東アニメなのかー。
あと、キャラ作画は今回が一番良かつた、原作相応、人物設定相応で。むしろ、今までのが(設定画レベルで)少し外し気味だつた。

*1:二クール以上続く中でやるならともかく、一クールでやるのは話数の無駄遣ひだと思ふ

半端ない

ここ数日、あちこちで「半端ない」といふ言葉を目にする。誰かが率先して使ひ始めたのか。今までも目にしてゐたけれども気に留めなかつただけだらうか。どうやら後者らしい。カクテルパーティ効果ですな。一往新語辞典には掲載されてゐる。

「ぢや」とか「で」くらゐ省略せずに言つたらどうか、てのは野暮なんだらうな。