大和但馬屋日記

はてなダイアリーからの移行中

はじめは借りてきた猫の様に

yms-zun2009-09-25

「Forza Motorsports 3」体験版。
ワシにとつて「Forza2」といへば、最早ひとつのレースゲームのタイトルではなくて、常に「そこにある」居心地の良い遊び場、何か他のゲームで遊んだ後に帰つてくる処、といふ存在な訣ですわ。
で、その続編が来月発売される訣で、勿論とつくに初回限定プレミアム版を予約済なので今更どうもかうもないのだけれど、体験版が配信されたなら体験するしかないでせう。
晩飯作りながら起動して、標準コントローラで走つてみる。うーん、なんか居心地が悪い。出来がどうかうではなく、二年半も住んだ家からいきなり新居に放り込まれて落着かない気持になつてゐる、そんな状態。何をするにも前と違つてゐるから違和感ばかりが先に立つ。
適当に走つたリプレイを眺めつつ飯を喰つて、いよいよレーシングホイールをセット。バーチャルサラウンドのヘッドホンとボディソニックも忘れずに。Rクラスのレース用ポルシェをアシストなしで、敵車難易度はハードで。ギアは従来通りのMT(セミAT)。
全然巧く走れない。コースを覚えるまでは我慢して練習。トラクションの抜ける瞬間が恐ろしくて仕方ない。うーむどうしよう。験しにクラッチ付のMTにしてみた。Aボタンでクラッチなんて冗談ではない。操作できるものか。「NFS:PS」でマスターできなかつたぢやないか。
元々、ゲームでのクラッチ操作には懐疑的なのだ。あんなのは実車機械的制約で仕方なく操作「させられた」もので、今ATが主流なのは尤もなことだし、もはやレーシングカーだつて高級スポーツカーだつてクラッチ操作は不要になつてるぢやないか。操作が難しければいいつてもんぢやないだらう。云々。
ともあれ、やつてみる。失敗する。ギアが厭な音を鳴らしてダメージが蓄積する。全然駄目。
ダメージのシミュレーションを切つて、何をやつても壊れなくした。車もエボXに乗換へて、挙動の心配を取除く。あとは練習。加速はアクセルを緩め、Aボタンを押しながらシフトアップ、Aボタンを放してアクセルオン。コーナーが来たらブレーキ、Aボタンを押してシフトダウン。複雑な操作はできないからクラッチを切つたまま段を飛ばしてシフトダウン、そして繋いだ。クン、と挙動が変つた。おお。これは。
成程、クラッチ操作は挙動をも左右する訣だ。そして、その方が、‥‥姿勢を作り易いのではないか?
とにかく操作を丁寧にして、シフトミスを起さない様に身体を馴らす。それでも操作が複雑な分、無茶な突込みはできなくなる。なるべくシフトチェンジの少ない走り方を目指す様になる。コーナーではブレーキングと同時に、段飛ばしをせず一段づつ繋ぐ練習。アクセルを煽るとこまではできないけれど。
一通りの操作をこなせる様になるまで一時間以上を費し、その結果。速くなつた。難易度ハードのAI相手に、僅か二周のレースで、六番手スタートから一位でゴールできる程に。
フェラーリアウディR8に乗換ても面白い様に走れる。こいつは、楽しいぞ?
さすがにポルシェを簡単に乗りこなすところまでは行けないものの、手応へは掴んだ。リアルかどうかとか、グラフィックの出来がどうとか、リプレイのカメラが良くなつたとか、もう全くもつてどうでもいい。そんなの全部「Forza2」レベルでも一向に構はなくて、でも走る楽しさのレベルだけは、「Forza2」では比較にならないと思つた。今「2」で走つたら間違へてAボタンでサイドブレーキを掛けてしまふだらう。
もう戻らない。比較検証なんて面倒なこともしない。「3」のインターフェースデザインには未だ馴染めないけれど、万全の気持で製品版の発売を待つだけでいい。
でも、実はまだ「2」でやつておきたいことが一つだけあるんだよな。