大和但馬屋日記

はてなダイアリーからの移行中

yms-zun2010-07-12

イギリスGP、今回も小林が良かつたねえ。ピットもいい仕事をした。これで予選がうまくまとめられたら何も言ふことはないな。

アイドルマスター2」のロゴタイプに妙な既視感があると思つたら「サンダーフォースV」だつた。見比べたら全く似てゐなかつた。

インディーズシューティング三つ

正式展開開始時点で死ぬほど忙しかつたのであまりチェックできてゐなかつたXboxインディーズゲーム(XBIG)だけど、最近ぼちぼち漁つてみてゐる。とりあへずシューティングで気に入つたものをいくつか購入。

CROSSFIRE

インベーダーの亜流といふか、一人「スペースウォー*1」みたいなゲーム。ものすごく良く出来てて面白い。
画面の下辺だけではなく上辺にも自由に移動できるのがこのゲームの独特なところ。上辺と下辺の移動は、ボタンを押すごとにワープして入れ替る。敵の攻撃を避けるのに有効だが、逆に移動した先で即死することももちろんある。
面構成がよく考へられてゐて、ただのアイデア倒れになつてないところがいい。このままXBIGではなくXBLAタイトルとして売つても問題ないレベル。といふか、オンラインのランキングボードが欲しいから是非XBLA化してほしいくらゐだ。

Prismatic Solid


スーパースィープなBGMがやたら豪華な縦スクロールシューティング。CGチックでパーティクル溢れる画面は派手で綺麗。ちよつとアーティスティックすぎて個人的には入り込み辛いけど。
ゲーム自体は、はじめから六種類のショットがあつてパワーアップはなし。アイテムを取ると自機の周囲のオプションの腕が伸びて、敵の攻撃を防いでくれる。オプションの色に対応したボタンを押すとボムになり、敵弾を一掃してくれる代りに腕がすこし短くなる。ショットの種類を切換へるとオプションのフォーメーションも変化する。ボムは敵弾を消すだけで攻撃力はない。こんなところ。
六種類のショットは特徴がはつきりしてゐるので、使ひどころを見極めるのが攻略の肝かしらん。ランキングらしきものが見あたらず(あつたつけ?)あまり本気で攻略する気になれないのが惜しまれる。

テスターフェイズワン

これぞインディーズゲーム、といふ感じがタイトルからも漂つてくるな。タイトル画面のロゴは「スターラスター」風だし。
縦スクロールつぽいシンプルなシューティングで、特徴はすべての敵が縦一直線の弾しか撃つてこないこと。自機はパワーアップしないものの、リフレクトフォースを標準装備。これでとにかく長時間生き残るゲーム。
めちゃめちゃ面白い訣でもないのだけれど、ゲーム内実績がやたらと沢山あるのでそれがポコポコ解除されてるうちは楽しめる。なんだかんだ言ひながら結構これで遊んでる時間が長い。先述の二作に比べるとアレだけど、かういふのが沢山ある方がプラットフォームとしては面白いよね。ネタのチョイスも含め、良くも悪くも同人的。

*1:誰も知らない正式名称よりもカメレオンアーミーとかレジャックの名で知られるアレ

危機意識の差

水害関係がちよつと気になつて調べてみた、地元墨田区と隣の江東区ハザードマップ

むむむ? 想定雨量はじめ初期条件が違ふのかもしれないけれど、あまりに差がありすぎませんか? 墨田区はほぼ全域において1.0〜2.0mが冠水するとされてゐるのに対し、江東区の地図においては上半分の墨田区領域においてもほぼ1m以下といふ評価になつてゐる。墨田区が悲観的すぎるのか、江東区が楽観的すぎるのか。どちらも東京の中では低湿地に属する場所だから、とにかく用心に越したことはないが。

ああ、かういふことか。墨田区のは「(2)荒川が氾濫する降雨を想定した洪水ハザードマップ」で、江東区のは「(1)東海豪雨を想定した洪水ハザードマップ」なのだな。もちろん荒川沿ひでクリティカルなのは(2)の方に決つてゐるので、いずれ江東区からもそちらの資料が出てくるのだらうか。あるいは、そこまでいくと考へるだけ無駄だから出てこないのか。
あと、これはマジで勘弁してほしいのだが、上記建設局のサイトにある各河川事務所へのリンクが、京浜河川事務所へのそれを除いてほとんど死んでゐる。ちやんとチェックして更新してくれ。