大和但馬屋日記

はてなダイアリーからの移行中

今日から「GoW」はギアーズオブでもゴッドオブでもなくジオメトリの略称です

嘘。
Geometry Wars 2」についてまた何か書かうにも、本質が変つてないから新しい言葉など出てこない。だから前書いたものにリンクを張つておかう。

前々作「Evolved」と前作「Waves」だけでも一生遊べてしまふのに、今度はモードが六つもある。一体人生が幾つ必要なのか。同時に一つしか遊べないこの身体が憎い。


一通り全てのモードをアンロックした後、最初の晩は「Pacifism」ばかり遊んでゐた。弾の撃てないモードで、最初はあまりピンとこなかつたが、「Wax On」「Wax Off」の両実績を解除したあたりでティンときた。これはこれでかなり面白い。
んで今日は、最初から遊べる「Deadline」モードに没頭。三分間のスコアアタックモード。残機制限なし、ボムは使用可。いくらミスしてもゲームオーバーにはならないから、初心者向けのモードと言つていいと思ふ。
しかし、いざスコアを狙ひ出すと、それはとんでもない思ひ違ひとなる。百八十秒の時間の中で、敵を倒してゐない瞬間があつてはならない。かつ、倍率アップアイテム「Geom」を取得してゐない瞬間があつてはならない。ミスをすると、次に敵が出現するまでに五秒間も何も出来ない空白の時間が過ぎてしまふ。その五秒で何十万点稼げると思ふ? 死ぬくらゐならボムだ。ボムか。これで倒した敵は点数にならないのだぞ? それでもGeomが大量に取得できるから、ミスするよりはマシだ。死ぬな。
あと、ミスすると敵の出現テーブルがかなり巻き戻される。さう、「ゼビウス」の難易度調整のやうなアレだ。これも初心者救済? 馬鹿を言つてはいけない。このゲームで「簡単になる」といふのは「敵の出現密度が減る」つまり「単位時間内に稼げる点数が低くなる」といふ意味なのだ。大体、残機の概念のないミスし放題のモードで難易度を下げて何が救済か。これはただのペナルティだ。
つまり、ミスしたら捨てゲー。生きろ。百八十秒間、何としても生き延びて、敵を倒して、Geomを集めろ。
72位永遠に終らない三分間を、七時間もの間過ごした。指が痛い。首が痛い。眠い。そしてこの三分間を、未だ制してはゐない。
とりあへず胸囲的*1な順位だつたので撮つておいた。

*1:google:胸囲的な意味で

今日のゲーム(十一月一日)

FORZA MOTORSPORT2(Xbox360,Microsoft,ASIN:B000HDLUY0)フォルツァ モータースポーツ 2(初回出荷特典:限定車「NISSAN FAIRLDAY Z - Custom Forza Edition」入手権利カード同梱) - Xbox360

タイムトライアル、もでぎ西でMakoXさんに抜かれた。ので抜き返した。かういふの久しぶりだな。三コーナーの突込みがMakoXさんのラインの方が上手いのでタイムはまだまだ行けさう。一コーナーを大外から行くワシのラインが正しいかどうかもまだ分らん。二コーナーを重視するにしても、インは締められさうな気はする。
などとやつてたらオーバルでスウプさんに抜かれてるし。
御無沙汰のキャリアを進めようと、プロフェッショナルのレジェンドカー云々に挑戦して玉砕。三十年前の自動車つてどうやつたら走るんだ‥‥

Geometry Wars:EVOLVED(Xbox360,Microsoft/Bizarre)

久々に「EVOLVED」やつたら、なんか有得ない感じに有得ないところで死にまくつて三十六万点で終つた。俺オワタ。リハビリ必要? しかし「Waves」もやりたいしな。困つたな。

ナムコミュージアムDS(NDS,namco,ASIN:B000T6XJKI)ナムコミュージアムDS

ドルアーガの塔

暇をみては遊んでるのだが、四十一階までしか進めてない。スコアアタックモードでやつてるのでコンティニューもガイドもなし。
それにしてもドルアーガの検索バブルはいつまで続くのか。今までの経験からは今日が山だと思ふけど。

今日のゲーム(十月二十日)

yms-zun2007-10-20

Geometry Wars:"Waves"(Xbox360,Microsoft/Bizarre,ASIN:B000RP5QIY)PGR4 -プロジェクト ゴッサム レーシング 4-(初回生産限定版:キャンペーンコード同梱) - Xbox360

四百九十九万八千点であ(ry
敵をあと一体倒せてゐたら!! 嗚呼。
本作のプレイ時間について。毎晩空が白むまで遊んでゐて、さぞや長時間みつちり遊んでゐるのだなあといふ印象を持つ人もあらうが、それは半分正しく半分間違つてゐる。
今日は一回のプレイ毎にストップウォッチで計測してみた。やつとのことで更新した五百万まであと一歩のスコアを出すのに要する時間は何分だと思ふ?
分?
冗談ぢやない。
五十二秒だ。
プレイ時間の平均はおそらく二十数秒。十秒もたないこともザラだ。少し気を抜くと六秒で終る。
因みに、現在ランキング一位は九百万点台。それに要するプレイ時間は、さうだな、長く見積つて一分二十秒くらゐだらう。世界一上手いプレイヤーでも一分半続かない。それが「Waves」なのだ。
ゲームオーバーになつたらボタンを三回押せばニューゲーム。平均すれば一分間に三ゲームくらゐか。一時間で百八十ゲーム。一晩でその四倍として、一週間それを続けたら。ワシはこれを一体何ゲームやつたのだらう。
これが「EVOLVED」なら、今は一ゲームに十分は確実にかかる。調子が良くて二十分。二十五分あたりがワシの実力の限界だ。世界一のプレイヤーはそのスコアを出すために数週間をかけたといふ。もちろんポーズをかけて休み休みだが、途中セーブなどは出来ない。本体がよく暴走しなかつたな。
「EVOLVED」の二十分も濃密に楽しい時間だが、その長さ故に連続したリトライに倦むこともある。そのためにスコアが伸び悩むといふスパイラルに陥つてもゐよう。
それに比べて、この「Waves」の異質さは何だ。賽の河原の石積みか。しかしそれも余りに短時間であるために、リプレイに倦む暇さへもない。「折角ボーナス倍率を上げたのに」。なに、どうせ二十秒後には取戻せるはずだ。二十一秒後にはやられてるかもしれないけど。
一回のサイクルが極端に短いから、気持が新鮮なままであり続けすぎる。十回リトライしたら数分の実時間が経過してゐるに決つてるのに、ワシの主観時間は動いてゐない。二時に遊び始めたならワシの中の時計は二時で止つたままだ。一回のプレイ時間が長いゲームならば終了と共にそれに見合つた時間経過を感じるものだが、数秒毎のリトライの繰返しが続くとそれを感じる暇もなくなるのだ。
かくして今日も朝が来る。

今日のゲーム(十月十九日)

Geometry Wars:"Waves"(Xbox360,Microsoft/Bizarre,ASIN:B000RP5QIY)PGR4 -プロジェクト ゴッサム レーシング 4-(初回生産限定版:キャンペーンコード同梱) - Xbox360

四百八十万で朝(ry
スコアの平均値が上つてきた‥‥といふと嘘になる(今でもバリアが切れた直後の第二波で死ぬことが一番多いほどだ)が、出したスコアを高い方から一定数抽出すればその平均はたしかに上つてる筈だ。

今日のゲーム(十月十八日)

エブリ エクステンド エクストラ エクストリーム(Xbox360,Q entertainment)

今週のライブアーケード配信物。
インディーズゲームであるところの「EVERY EXTEND」の評判は各所で目にしてゐるし、PSP版「E3」にも興味はあつたので、この「E4」の配信は結構楽しみであつた。とりあへず体験版をプレイ。基本のエンドレスモードだが体験版なので十五分縛り。
一回目。何となく十五分終了。ルールも操作も今一つ呑込めん。ヘルプを読んで理解した。
二回目。一兆四千億点あたりで終了。「完全版にすると一兆越えとかあるよ」とメッセージが出るが、越えてんスけど。それはともかく、これは一体ゲームなのか?
サイコロの出目に従つて駒を動かすだけの双六をゲームと呼ぶ文脈においてはこれもゲームと言へるかもしらんけど、これがゲームならば線香花火に火を点けるのだつてゲームといへるのではないか。何事かといふと、敵の近くで自爆すると爆風で敵が誘爆する。誘爆が誘爆を呼んで連鎖するとボーナス点がインフレする。最大で千四百連鎖くらゐ繋がつた。それは、いい。はじめは気持良かつた。しかし、その間、プレイヤーたるワシのした事は何かといふと、漫然とAボタンを押して起爆しただけなのだ。あとは勝手に誘爆するのを見てるだけ。連鎖が繋がるかどうかは全く運次第。ワシの思考やテクニックの介在する余地などない。
これは一体ゲームなのか?
そんな馬鹿なと思つて注意深く遊んでみた。起爆のタイミングをBGMのビートに合せると、誘爆時のボーナスが二倍三倍、最大五倍まで増えるらしい。意識的に狙つてみたら、十五分で五兆点を軽く超えた。ふーん。ボタンを押すタイミングだけなんだ。
これは一体ゲームなのか?
もう一つ、シューティングのモードもあつたが、こちらは尚のことピンと来なかつた。これ系の全方位シューティングは今間に合つてるよ。
で、結局完全版は購入せず仕舞。
元を知らないからオリジナルのPC版がかういふゲームなのか、例によつてQ社クオリティの改悪が為された末のものかは判断し兼ねるが、流石にこれに千二百円相当のポイントは支払へない。金を払つてでも時間を潰したくなつたら考へるが、Xbox360が動いてる限りはさういふ時が来ることはないだらう。

Geometry Wars:"Waves"(Xbox360,Microsoft/Bizarre,ASIN:B000RP5QIY)PGR4 -プロジェクト ゴッサム レーシング 4-(初回生産限定版:キャンペーンコード同梱) - Xbox360

四百二十万点で朝が来たー。スコアは微増、ランクは下降。
実はこのゲームにも新しいフィーチャーがあることを昨日知つた。ある程度時間が経つと出現する棒といふかバリアといふか、そんな形の敵。バリア部分にショットを当てると反射するだけの、倒す手段のない障碍物だとばかり思つてゐたら、さうではなかつた。バリア部分を自機が通過すると爆発して周囲の敵を一掃してくれる、簡易ボムのやうなものと判明。ただし効果範囲はごく小さいし、両端の物体に触れるとミスになるし、通過しようと近づくとショットが撥返るためバリアの向うから迫る敵を倒せず、こちらがバリアに触れる前に敵に当つてやられるしで、さう便利に使へるものではない。それでも威力に頼りたくなる程に敵の猛攻がやつてくるから悩ましいのだ。
全く生延びるために一筋縄ではいかない、これこそがゲームではないかね。

今日のゲーム(十月十七日)

Geometry Wars:"Waves":(Xbox360,Microsoft/Bizarre,ASIN:B000RP5QIY)PGR4 -プロジェクト ゴッサム レーシング 4-(初回生産限定版:キャンペーンコード同梱) - Xbox360

四百万点で朝が来たー。
ランキングを見ると大体同じところに集中してて、今三十九位。皆この辺が壁か。
あと、今回日本人率が高い。あまり売れてないといふ「PGR4」の内、一体どれほどが「ジオメトリ」目的で買つたのか気になるな。

今日のゲーム(十月十三日)

yms-zun2007-10-13

Geometry Wars:"Waves":(Xbox360,Microsoft/Bizarre,ASIN:B000RP5QIY)PGR4 -プロジェクト ゴッサム レーシング 4-(初回生産限定版:キャンペーンコード同梱) - Xbox360

四時間以上ブッ通し。
しかし、かなり早い時間に自己ベストを出してからは伸び悩みまくり。ベストスコアはランキング二十八位だが、これでもプレイ時間は一分程度だと思う。大体二十〜三十秒くらゐで終る。それで四時間も遊んだといふことは、一体何百回リトライしたのだワシは。

プロジェクト・ゴッサム・レーシング4(Xbox360,Microsoft/Bizarre,ASIN:B000RP5QIY)PGR4 -プロジェクト ゴッサム レーシング 4-(初回生産限定版:キャンペーンコード同梱) - Xbox360

やうやく「PGR」部分を「開封」。アーケードモードの最初のチャプターを。
はじめに選べるクルマのうち、デルタを選んでやつてみた。最初のステージはプラチナでクリア、ステージが進むとどうしようもなさげなのでゴールドやシルバーでとりあへずステージを進めた。クリア時の順位によつてプラチナやゴールドの賞が貰へる訣ではなくてレース前に難易度を設定しないとダメなのは少し面倒。
Kudos(このゲームの仮想通貨)がある程度貯つたので英車パックを買つてエスプリに乗換へたが、デルタより速い訣でもないな。さらに貯つたKudosでイタ車パックのストラトスに乗換へ。うむ、これはいい。スピードはともかくコーナーの操縦性が高いので脱出速度を維持し易い。全ステージをプラチナでやり直して最初のチャプターをクリア。Fクラスはストラトスで決りだな。
次にキャリアモードで何日分かのイベントをこなす。難易度はノーマルで始めた。しかしこのモードとアーケードモードの違ひは何だらう。いや、同じではないんだけど、キャリア側のカスタマイズ性が高い訣でもないんで、コンプリートまでのボリュームが二つある以上の意味付けがなさげに思つた。
さて、「Forza」をやらう。

今日のゲーム(十月十二日)

Geometry Wars:"Waves":(Xbox360,Microsoft/Bizarre,ASIN:B000RP5QIY)PGR4 -プロジェクト ゴッサム レーシング 4-(初回生産限定版:キャンペーンコード同梱) - Xbox360

一体この世に唯一最高に面白いビデオゲームがあるとして、それは何かと問はれれば迷はず「ジオメトリーウォーズ」と答へるのが世の習はしといふものであるが、その最新作がこれだ。買つて開封してぶつ続けで三時間。右スティック操作を司る手指に激痛が走つてやうやく諦めた。
一体この世にまともなゲームのクリエイターが居るとして、それが誰かと考へるに「ジオメトリ」の作者のことを言ふのだと思ふ。何がまともかといふと、自分の作るゲームの面白さの肝をきちんと把握してゐて、そのためにきちんと取捨選択ができるといふところだ。
今回の「Waves」も基本は前二作と同じだ。左スティックで移動、右スティックで任意の方向にショット。ルール:生残れ。以上。さう、以上なのだ。今回はなんと、緊急回避のボムがない。それどころか、残機の概念もない。さらに加へて、ショットのパワーアップもしなくなつた。シリーズ始まつて以来の弱体化である。
では敵の攻撃でバランスを取つてゐるのかといふと、さうでもありさうでもなし。少なくとも、易しくなどなつてゐない。むしろ劇的に難しい。前作「EVOLVED」をそれなりにマスターしてゐないと、十秒もせずにゲームオーバーとなる。
単に難易度が変つたのではなく、敵の移動アルゴリズムの違ひによつて、従来と同じ操作でもプレイヤーに全く異なるプレイスタイルを要求する。「EVOLVED」に存在した一つの極意を「Waves」はあつさりと否定した。
「EVOLVED」の敵は、一部を除いてほぼ全てがプレイヤーを追ひかける動きをする。そして、プレイヤーよりもやや足が遅い。故に、プレイヤーは進行方向にショットを撒いて安全を確保しつつ敵の大群を引き連れて逃げ回ることが出来る。どんなに敵が増えても基本は変らない。突破口が開かない時はボムを使へば良い。
Waves」になつて、前作の敵は殆ど形を潜めた。その代り、一貫してプレイヤーのことを全く見ない、ただ直進するだけの敵が横一列に隊列を組んで一定間隔で襲つてくる。この、プレイヤーを全く見ない動きが恐ろしい。何しろ誘導が効かないのである。前方だけ撃つてゐても血路が開かないのである。これは最早、敵ではなく自然現象だ。知性を持つ相手なら出抜くことも可能だが、知性を持たぬ「現象」には抗へない。この間断なく襲つてくる横一列の波状攻撃故に、この新作は「Waves」を名乗つてゐる。
自機はパワーアップとボムと残機を失ひ、敵は知性を失つた。たつたそれだけで全く別のゲームになつた。勿論、それ故に「EVOLVED」と比べて「Waves」の方が圧倒的に面白くなつたとは言ひ難い。一本のゲームの出来としては「EVOLVED」の方が上だと思ふ。しかし、「EVOLVED」に浸つた頭に「Waves」の持つシビアさは何とも刺激的だ。
何かの続編を作らうとして、かくもバッサリと各要素を削れるのがこのゲームの作者の凄いところだ。凡百のゲームは、あれこれ要素を継ぎ足して肥大化する方向を選ぶ。やれパワーアップの種類が増えました、自由に装備を選択できます、ステージ制にして好きなルートで進められます云々。何故さうする必要があるのか、一つ一つの要素が面白さに繋がつてゐるかを吟味することなく、ただ「前より凄くなつたでせう、だから買つてね」と言はんがために。だから2Dシューティングは駄目になつた。シューティングの可能性とやらが存在することを証明しようとしてプレイヤーに余計な操作を強要し、「何故さうするのか」を置去りにしてディテールばかりに凝つてみせる。もう沢山だ。「ジオメトリーウォーズ」にしたつて、他社の作るWii版とやらをネット上の映像で見る限りでは同じ轍を踏んでゐる様にしか見えない。やらない内からかう決めつけるのは馬鹿のすることだが、馬鹿なワシはあれのことをきつと詰らないと思つてゐる。
Waves」だつて遊んでみるまでは不安だつた。前作に余計な要素を加へて量的進化といふごまかしで茶を濁してゐるのではないかと心配した。でも、違つた。良かつた。
否、否、否。「ジオメトリーウォーズ」も量的進化の皮を被つてゐるのだ、その外側に。ステージが増えた、グラフィックが強化された、オートバイも使へる様になつたといふ贅沢なクルマゲームの皮を。しかし、そんな皮を脱ぎ捨てれば、核として至高のゲームが存在する。「ジオメトリーウォーズ」は凄い。

  • 2007年10月12日 wtnb18

ビザーレ社がアクティビジョンに買収された件

yms-zun2007-09-28

「PGR」シリーズのことはいい。もうすぐ発売になる「4」を楽しみに待つだけだ。
それより気になるのは「ジオメトリーウォーズ」の今後についてなのだが。

論争はどうでもいいが

どこぞのゲーム開発者が「PGR4」の凄すぎるムービーに対してリアルタイム描画の筈がないと発言したことに対し、Bizarre社のスタッフが「すべてゲーム用エンジンによるリアルタイム描画だ」と反論。まあそんなゲハ板的論争はどうでもよくて、注目はIt's all in-game.と発言してゐるスタッフのアバターアイコンだ。
見たことがない敵が居るー!!
これが「Geometry Wars:Waves」のスクリーンショットだとしたらwktkが止らない。

新作クルー

さういへば、先日スウプ氏と話してゐて「PGRの存在意義つてどこにあるんでせうね」なんて話題が出たこともあるんだけど、さうだよ「PGR」は「ジオメトリーウォーズ」の最新作を運んでくれるコウノトリなんだよ!!
Liveアーケードでは配信しないとのことだし、絶対購入確定。いや、ゲームへのアクセシビリティを考へるとLiveアーケードの方が数百倍有難いんだけど。せめてHDDインストールくらゐさせてくれ‥‥

Wii版「ジオメトリーウォーズ」

yms-zun2007-07-02

巨大な硬い敵が出てくる時点で「違ふ」あるいは「分つてねえ」。ほぼ興味を無くした。オリジナルより「ゲーム性」とやらがあらうが無からうが、そんなことは全然関係ない。
んなもん、「ジオメトリーウォーズ」の移植なり続編なりを作らうとした時点でアホでも思ひ付くことぢやないか。ファミコン版「ボコスカウォーズ」か。「スーパーゼビウスガンプの謎」か。アホか。
しかし本家の新作の方にもさういふのが出てこないとも限らんよなあ。
目の前に一発で倒せる敵が十体居るのと、十発分の耐久力を持つた敵が一体居るのでは全然違ふんだよ。目の前の百匹の群れの中に自ら飛込みつつ血路を開くのが「ジオメトリーウォーズ」なんだよ。

今日のゲーム(二月十六日)

ペーパーボーイ(Xbox360,MIDWAY)

ゲームが難しいのは構はんが排水溝の蓋に乗つただけでアウトになるのだけは視覚的に納得いかない。目下最大のライバル。

ジオメトリーウォーズ(Xbox360,Microsoft/BIZARRE)

最近はわざと「パシフィストパシフィズム」の実績を達成しながらプレイすることにしてゐる。退屈な序盤に刺激を与へたいとふのもあるけど、高次局面での逃げプレイの肩馴らしの意味も無くはないかと。
スコアは相変らず停滞気味だが。

今日のゲーム(一月十日)

Live Arcadeカテゴリが欲しくなつてきたので作つた。[XLA]。過去分への挿入は追々。

ジオメトリーウォーズ(Xbox360,Microsoft)

二百四十万点。
ふと戯れに「RETRO」の方をやつたら七十五万点が出た。ランキング三桁台に浮上。まあこちらの人口が少ないだけだらうけど。
「RETRO」の方には居合の様なリズムといふか緊張感があつて、「EVOLVED」とは似て非なるゲームとして好きだ。「遊べる」のは「EVOLVED」だけど「面白い」のは「RETRO」だなやはり。

ニューラリーX(Xbox360,namco)

ええと、バンナムのゲームのナムコ制作品についてはnamco表記で通しますよワシは。それはさておき。
年末の最後の水曜に配信された本作、正直「今更『ラリーX』かよ」と思ひつつそれでも完全版をダウンロード。遊んでみたら、やつぱり好きだわごめん。ナムコのクルマゲーとしては五番目に好きだ。一に「ウイニングラン鈴鹿GP」二に「エースドライバー(除ビクトリーラップ)」、三四がなくて五に「ラリーX」てな。面倒なので「ニュー」は付けない、てか「新明解ナム語辞典」にも「ニューラリーXラリーXより出でてラリーXよりラリーX」といふ項があるくらゐだからそれで良い。つかクルマゲーなのかこれ。
ナムコのメイズゲームとしても一番好きだな。セガの「ヘッドオン」のクローンを作らうとしたら「パックマン」になつてしまふ当時のナムコのセンスは大したものだけどそれでも「パックマン」はやはり「ヘッドオン」の亜流だから「ヘッドオン」同様に結局はパターンゲーに収斂してしまふ。ワシはランダム要素のないゲームをそれがあるゲームより低く見るので、「ラリーX」は「パックマン」より優れてゐると思ふ。勿論ランダム要素があれば良いといふものではないぞ。
今更だけどBGMもイカすよな。ところで無かつたことにしてる旧「ラリーX」だが、あの地味な単音BGMもテンポを半分くらゐにしてギターで弾いたら本当は格好いいんだぜ。スリーコードの古典的ロックンロールを格好いいと思へるならば。